15年間糖質制限ダイエットを続けてきてどう変わった?

美容

こんにちは!ひまてんです。

15年間、糖質制限、低炭水化物、肉食ダイエットなどといわれるものを続けてきました。

糖質制限ダイエット15年続けてきた今はどんな感じ?

最初は、徹底して糖質を排除してました。が、今はゆるく糖質制限ダイエットです。

体重45kg〜48kg(身長166cm)で、昔ほどリバウンドで激太りすることなくきています。定期的な人間ドックでも、中性脂肪は少なすぎで注意〜と診断されますが、それ以外は基準値の範囲。炭水化物を減らしても、身体の健康状態を保ちながら継続できています。

個人の現在の結果であり、糖質制限ダイエットが万能、おすすめ、とは思っていません。

2018年に公衆衛生の専門誌「ランセット・パブリック・ヘルス」で低炭水化物の食事は、寿命を最大4年縮める可能性があると示唆する研究が発表されています。

引用元 BBC NEWS JAPAN https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-45219556

糖質制限、低炭水化物、ケトジェニックダイエットなどを調べてみると上のような記事がたくさん出てきます。過度に糖質を減らしたり、お腹が空いたら肉を食べ続けたりする長期の偏ったダイエットは自身の身体の状態に及ぼす影響があるかも。年齢もいい感じになっているので、過激なダイエットを長いこと続けるのはやめています。

今の、私のゆるく糖質制限ダイエットとは、

1日の食事の中で、パン、めん、お米などの炭水化物メニューは1食のみにする。ケーキなどのスイーツもパン、お米、めんと同じグループとして考えて、食べたら一食と考える。その他の糖質、炭水化物はブロッコリーなどの緑野菜やアボカドなどの果物、ナッツでとる。

外食で、コースメニュー、ランチセットをいただくときはオーダーの時点でパン、ごはんをキャンセルする。カレーライス、ラーメン、チャーハン、お好み焼きなど炭水化物メニューしかないお店をできるだけ避ける。お鍋のシメの雑炊、うどんを食べない。シェアする外食のとき、お肉の付け合わせのポテトフライを食べない。たくさん食べた日は、次の日は控えるなどして前後で調整する。おつきあいでもビール、日本酒を飲まない。

自宅では、焼肉のタレ、ソースなど糖質多めの調味料とか、市販のカレー、シチュールウとか使って料理しない。スナック菓子を常備しないようにする。(チョコレートは我慢できません〜(>_<))食べ過ぎたら、自宅でできる簡単な有酸素運動多めにする、食べない時間を長い目にとる。

糖質制限ダイエットをしてよかったこと

私にとってよかったことは、ストレスで過剰にとっていた糖質を正常の量でも我慢できるようになったことです。(今でも 、我慢できなくなってドカ食いする時もあります!)

もともと麺類、じゃがいも、パン、甘いものが大好き。特にストレスがあると食べ過ぎて辞められなかったため、糖質制限ダイエットをはじめてちょうどいい感じの量を日々摂れるようになったことです。また、それまで、たまごやお肉を食べると太ると気にしていたのが、肌や髪や筋肉のために必要だという知識を得て、積極的に食べられるようになりました。

糖質制限をはじめた当時は、唐揚げばかり食べて糖質制限ダイエットに成功されているお医者さんのブログとか読んでマネしてました…。実際に痩せたのですが、、偏り過ぎてよくないとやめました。その後、栄養成分表の本を買って食品、飲料の炭水化物、たんぱく質、脂質をず〜っとみて、頭の中にだいたいの割合がインプット。今は栄養バランスのよい食事がとりながら希望体重をキープできるようになったと思います。

糖質制限よりお酒を飲めくなったことの方がダイエットに効果があったかも

糖質制限ダイエットを意識して15年の間に、お酒を辞めたことで食生活が大きく変わりました。大好きなワインが、急にのめなくなってしまって、今はおつきあいで半年に一回1〜2杯飲む程度。よく、一生に飲めるお酒の量って決まってる、と聞きますが、ホントにきまっているのかも…

思い出すと、お酒を飲むと食欲が抑えられなかったり、お酒のために食べる量を制限したり大変でした。お酒が飲めなくなった今は、すごく考えながら食べなくても体重が増えない感じです。でも、お酒を飲みながら食事をする楽しみをがなくなったのは、ちょっとさびしいデス。

結論、今は栄養のバランスを考えたカロリー制限ダイエット

15年前 に流行の糖質制限に興味を持ちはじめたダイエット生活は、糖質を極度に制限せず、栄養バランスを考えながら食べ過ぎないカロリー制限ダイエットにシフトしていました。

これからの、なるべく加工されていないものから栄養をとる、筋トレをして痩せた身体ではなくバランスのとれた体型を目指したダイエットをしていきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。