SunnyHills(サニーヒルズ)のパイナップルケーキ、台湾と日本では違います。

おみやげ


こんにちは!パイナップルケーキだいすき、でも高カロリーが気になる〜ひまてんです。

台湾の定番お土産といえば、パイナップルケーキ🍍🍍🍍が人気ですね。

台北に仕事でよく行っていた時に、自分用、おみやげ用に色々なお店のパイナップルケーキを買っていました。

台北市内だと、老舗のパイナップルケーキ専門店以外にも、パン屋さん、洋菓子屋さん、デパート、スーパーなどのお土産売り場などお店の数だけパイナップルケーキの種類も様々。

しかし、使われる食材がシンプルなだけに、そして、私の味覚がゆるいこともあって、
“ どのお店のパイナップルケーキも似た味だな〜”と思っていました。

なので、おみやげ用には台北パイナップルケーキコンテストで受賞したお店、おやつ用にはホテル近くのパン屋さんで買う、、、とあまりこだわりなく買っていました。

約10年前、その台湾パイナップルケーキ業界に新しい風が吹き込まれましたね〜^_−☆

サニーヒルズ(Sunny Hills 微熱山丘)https://www.sunnyhills.com.tw/index/ja-jp/ です。

人気の台湾おみやげサニーヒルズのパイナップルケーキを台北で購入するには、お店で買う or 事前注文でホテルに届けてもらう

今は東京の南青山や、シンガポール、香港、上海などにもお店がありますが、サニーヒルズのパイナップルケーキは、台北の民生公園店からはじまりました。

本店のある民生社区というところは、もともと緑の多い静かな住宅街だったところ。。
いまはカフェやレストランがポツポツあるおしゃれエリアで、BEAMSもこの近くに出店しています。

口コミなどで、アクセスがわかりにくくて少し不便な場所、と言われることが多いようです。

サニーヒルズ民生公園店から徒歩圏内(1km前後)に位置するホテルは、

・キャピタルホテル南京館

・フラートンホテルイースト台北 南京館

・台北東旅

・マンダリン・オリエンタル・タイペイ

・S Hotel Taipei

・三貝茲飯店

・サンワールドダイナスティホテル 台北(台北王朝大酒店)

・シャーウッド 台北(台北西華飯店)

などです。。。

時間があれば、お散歩がてらホテルから歩いて行かれるのもいいかもしれません。

この周辺は、台北市内の中では緑が多く、金融街でオフィスが多かったり、地元の方が昔から多く住む地域だったりするので、観光地っぽくない台北の風景を見ることができてオススメです。

また、サニーヒルズの本店は、台北松山空港の近くにあります。松山空港にタクシーで向かわれるのであれば、途中で立ち寄られるのも良いかもしれません。徒歩だと15分くらいです。


私がサニーヒルズ本店に行った時は、台北旅行最終日、観光を終えてホテルに帰る前にタクシーを利用しました。本当は台北の地下鉄、松山新店線の台北小巨蛋駅(Taipei Arena Station)から、15分くらいお散歩しながら行きたかったのですが、雨がすごくふっていた〜ので断念しました。

お店は、緑多い地域に溶け込むゆったりとした一軒家でしたが、人気店のため大勢の人でにぎわっていました。日本人だけでなく、台湾やその他海外の方と思われる方も、たくさんいらっしゃいました。

サニーヒルズのおすすめポイントは、パイナップルケーキの美味しさに加えて、お店で販売商品と同じもの(ひとり1個)と台湾茶をテーブル席で無料でいただけるというオモシロイお店です。
おみやげ屋さんでの試食とお茶のサービスは、よくあることですが、サニーヒルズの試食は、・販売品と同じものをひとつ・台湾茶も美味しく・素敵な空間で座ってゆっくりいただけるので、無料でここまでしていただいてありがとう😊という気持ちになってしまいます。(お店のねらいにはまってしまっていますね〜^_^;)

周りは緑いっぱい、民生公園に面しています。

煮詰めた台湾産パイナップルの果肉いっぱい❗️台湾茶もおいしくいただきました。


ここがカフェなら、ずっとゆったりお茶していたい💛という空間で試食した後、買いたい場合は入り口の方にある販売コーナーで購入です。(購入せず、試食だけでもOKです)

パイナップルケーキ(10個入)一箱のお値段は、 420台湾元(約1520円・2019年3月現在の換算)からあります。バラ売りはしていません。日本のサニーヒルズで買うと5個入のが1500円なので、ほぼ半額ですね。
他の有名な台北市内のパイナップルケーキとくらべると、少しお高いですが、その価値は十分あります。
無農薬の台湾原種のパイナップル、台湾のブランドたまご、こだわりの小麦粉と食材を厳選し、無添加、無農薬にこだわって作られているそうです。食べてみると、そのこだわりが感じられます。
なので、パイナップルケーキ食べ飽きた〜という方にもお渡しても、よろこばれる台湾おみやげといえます。

もし店内でまったり時間を過ごさなくて良い、パイナップルケーキのお土産だけ購入できればOK〜という場合は、台北市信義区の新光三越信義A9店でも購入できます。こちらのほうが場所はわかりやすくアクセスがよいです。
また桃園国際空港ターミナル2の2階の一般区域でも、販売商品の種類は少ないようですが購入できます。ターミナル1からでも、シャトルバスやMRTでターミナル2に移動できますが、飛行機の出発時間におくれないよう余裕をもって動きましょう〜

また、旅行前の事前注文と宅配サービス料100台湾元が必要ですが、台北市内の宿泊ホテルに届けてくれるデリバリーサービスもあります。(日本語で注文できます。)

注文方法は、

サニーヒルズのホームページ内のお問い合わせ

https://www.sunnyhills.com.tw/contact/ja-jp/ から、ホテルデリバリー希望のメール連絡をする。※お届けの1週間以上前に注文※

サニーヒルズから、注文表などの返信があり、滞在日やホテル名などの必要事項を記入して返信する。

相互最終確認があり、注文完了。

お届け日、宿泊ホテルのフロントにお金を預ける。※ホテルデリバリーの場合はクレジットカード利用できないそうです。ホテルスタッフの方にお金を預けるやりとりは各自注意が必要かも、、です。※

ホテルでパイナップルケーキ受け取り

パイナップルケーキはひとつずつがズッシリ!しているので大量買いする場合や、短期旅行の場合、ホテルデリバリーはとても便利なサービスだと思います。

東京南青山と台北でいただいたサニーヒルズのパイナップルケーキの味わいが違った!

最近、友人に誘われて東京南青山のサニーヒルズの支店に行くことがありました。

久しぶりのサニーヒルズのパイナップルケーキ、楽しみ💛でした。

東京南青山のお店は、2階が試食コーナーで1階が販売コーナーになっています。平日の空いていそうな時間に行きましたが、試食まで5分くらい1階で待つことに。その後、2階に案内され、ゆったりした空間で試食のパイナップルケーキと台湾茶をいただきます。店員さんも良い感じで、お店や商品の説明を丁寧にしてくださいました。

あれ??台北でいただいたパイナップルケーキと見た目とか、食感、味わいが違う〜、味覚がゆるい私でもはっきり感じました。商品リニューアルされたのかな?

うかがってみると、台湾と日本で売られているパイナップルケーキは、どちらも台湾で作られていますが、使われている食材が違うそうです。

特に、バターとパイナップルが異なることが、見た目と味わいに違いを与えています。

台湾で販売されているものは、バターがニュージーランド産のもの、パイナップルは台湾産の通年収穫されているもの。

日本で販売されているものは、バターがフランス産のエシレ、パイナップルは夏に収穫されたものだけを使用されているそうです。

なので、日本の販売品のほうが、しっとり濃厚な味に感じられるかもしれません。

食べ比べをする前は、日本の方が2倍弱お高い値段でもったいないかな? なんて思っていましたが、実際いただくと高くても買いたい ! と、納得のお味でした。

その時はパイナップルケーキを自宅用に購入したのですが、日本オリジナル限定商品の青森産のりんごを使ったりんごケーキもおすすめ!とスタッフの方が教えてくれました。

日本のサニーヒルズのパイナップルケーキはお取り寄せもできます。

または、電話・FAX注文できます。

調べてみたところ、通信販売は

①サニーヒルズホームページ内のオンラインショップ

その他では、②婦人画報のお取り寄せ

というサイトでも購入できます。

出典元 : 婦人画報のお取り寄せ

①②のどちらもAmazon Payでも支払いができるので便利です。送料が購入金額や配送地域によって異なるので、どちらのサイトが、送料がお得になるのかかチェックされるのがよいと思います。

日本のサニーヒルズは、東京都内の南青山店、自由ヶ丘店の2店舗のみですが、催事などで期間限定出店がされていることがあります。詳しくは、ホームページで確認することができます。

台北に行く予定がないので、当分は日本のサニーヒルズのパイナップルケーキを楽しみたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。